まりっぺのとんぼ玉奮闘記

とんぼ玉作家「まりっぺ」のきまぐれ創作日記です♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査結果

2010.08.26 (Thu)

本日は術前検査の結果と手術の詳しい説明を聞きに行ってきました。

まずは、麻酔科での診察が先だったので、
早速前回の手術で気になっていたことを全部きいたのですが・・・

結局はっきりとした原因はわからないとのことで、
ただ、数値だけを見ればなにも異常はなかったので大丈夫だと言われました。
だから、今回もまた術後呼吸が苦しくなる可能性も十分にあるけれど、
異常があったら数値に表れるから大丈夫だと。

また今回もあんなに苦しい思いをしなければならないのかと思うと、
大丈夫だって言われても、とても気が重いです。

水中で溺れているような苦しさだったのに、何の対処法も無いなんて。
苦しかったら一応看護婦さんに言うように言われましたが、
「苦しい」という言葉を発することも出来ないほど苦しかったのです!

でもお医者さんは数値でみるしかないだろうから、仕方ないのかな。

そして、次は形成外科での手術の説明。
手術部位は当初の予定と変わらず、
ただ、術後一部に血液が溜まりやすくなるため、
またその部分の手術も必要になるかもしれないとのことでした。

前回の手術時間が倍に長引いたことについては、
やはり何も教えてもらえず、
「特に異常は無かったから大丈夫」と麻酔科と同じ答えでした。

こんな不安な状態で手術に望みたくはないけれど、
今回は手術はしないわけにはいかない状態なので、
出来る限り手術日まで気持ちを上げて、落ち着かせていこうと思います。

今までなるべく気持ちはプラスに考えて、
マイナス思考の時はブログは書かないようにしてきたつもりですが、
今回ばかりはなかなか気持ちを上げることが難しいです。

明日からはまた「前向キング」で頑張ろうと思いますが、
今日だけは愚痴を言わせてください。

今回の手術部位は額。
一番重症の目の周りは、何も手をつけてもらえません。

3ヶ月前までは額の変色は酷く、エキスパンダーでの治療も妥当だと思われましたが、
現在は額は自然治癒で十分色は綺麗になり、手術が必要なのか疑問な状態です。

だから、エキスパンダーで伸ばした皮膚を
額ではなく目の周りに使ってもらえないかという思いがありました。

でも手術は当初の予定通り額に植皮をします。
もう充分綺麗になっている場所に新たに伸ばした皮膚を張り替えるのです。

結局、一番重症の一番治療をして欲しい場所にはなにもしてもらえないまま、
この病院での治療は終了するのかもしれません。

機能的な問題は少しづつ良くなってきているので、
見た目も綺麗にしたいなんて贅沢な悩みなのかもしれません。

でも、以前と同じ顔に戻れないことは十分解っています。
ただあまりにも酷い顔だから、もう少しマシにしてほしいのです。
本当は8ヶ月間ずっと見た目の酷さを気にして、
それでもいつか綺麗に治ると希望をもって頑張ってきたつもりです。

でも今は見た目に関して希望を持つことがとても怖いです。

今まで手術をするたびに、その希望を裏切られてきたから・・・

そして、あえてブログではそのことに触れないできましたから。

これ以上期待してまた裏切られるぐらいなら、
もう諦めて、この顔で生まれてきたんだと思って、
この顔で生きていく覚悟を決めたほうが良いのかもしれません。

私は弱い人間ですから、そんな覚悟を決められる自信もありませんが。



は~~~っ!少しすっきりしたかな(笑)

ずっとずっと、我慢してきた気持ちをぶちまけたら
ちょっと楽になりました♪

こんなに長々と愚痴ばっかり書いたブログを読んでくれた方々、
不快な思いをさせてしまって申し訳ありません。

明日からまた元気になります!

基本的に考え方次第で人生はいくらでも変えられると思っていますから♪

また入院中はブログ三昧します(^^)
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

まりっぺ

Author:まりっぺ
こんにちは。とんぼ玉作家のまりっぺと申します。
とんぼ玉に恋をしてしまってから、日々ガラスと戯れ、時には格闘しながら創作を続けています。
山形県米沢市にある「大和屋」にて創作&販売をしています。お店にも遊びに来ていただけたら嬉しいです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。