まりっぺのとんぼ玉奮闘記

とんぼ玉作家「まりっぺ」のきまぐれ創作日記です♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義援金第二弾

2011.07.29 (Fri)

本日「義援金第二弾」を送金してまいりました。

前回の送金は6月13日でしたが、
それからたった1ヵ月半でなんと! 
120400円の義援金が集まりました☆

そこで、今回は10箇所に12040円ずつ送金させていただきました。

gienkin2a

gienkin3a


実は、先月当店(大和屋)で実施しているチャリティーコーナーに関して、
読売新聞より取材があり、新聞の震災関係の記事の一部に掲載されました。

当店としては、軽い電話での取材のみだったので、
あまり深く考えもせずに掲載をOKしたのですが・・・
その後、原稿チェックも、掲載日も確認が無いまま、
突然、知らぬ間に記事になっていたという状態でした。

しかも掲載日は私の手術日当日(6月22日)。
母が付き添いで東京に来ていたため、
その日から突然全国からの応援玉に関する電話の問合せが殺到し、
何の心構えも無いまま父一人で対応しなければならなくなり、
大変なパニック状態に陥りました。

基本的に応援玉は仕事の合間に作った試作玉や、
父やパートさんが練習で作った玉をお安く出していたので、
それほど数を作れるものでもなく、
店頭での販売のみで精一杯の状態だったのですが、
新聞の記事を見て「どうしても欲しい!」「協力させて欲しい」
という多くの方々から電話での問合せをいただき、
その中でも待っていただいても良い方のみ、
注文を受けさせていただきました。

中には応援玉の料金の他に更に1万円の寄付を下さった方もおられます。

父としてもほんの数人の方のみ注文と受け付けたつもりでいたのですが、
私が退院する頃には信じられない数になっていました。
1個100円~500円の応援玉。
たとえば100円の応援玉を100個作っても1万円にしかなりませんから、
12万円分の創作というのは・・・気の遠くなる様な数です。

それで退院後は応援玉の創作にフル回転になっていたのです(^_^;)

応援玉ではなく普通のとんぼ玉のオーダーもいただいていたので、
それはもう・・・戦場でしたよ(汗)


その注文を受けた商品の全ての発送が終わったのが一昨日のこと。
そして今日、集まった義援金の送金となったわけです。

うちのような家族経営の小さな小売店で、
このような大金を寄付出来るとは思ってもいませんでしたが、
新聞の力というのはすごいですね。

ただ、あまりにも、お店の仕事に支障をきたしてしまった状態なので、
現在は完全に店頭販売のみとさせていただいております。

いまだにお電話をくださる方もおられますが、
どうか、どうしてもという方はご来店くださいますよう
お願い申し上げますm(_ _)m


ということで、これからも店頭では応援玉を販売していきますが、
数が間に合わない日もございますので、どうかご了承ください。

それにしてもこんなに家族全員が必死で働き、
働いても働いても追いつかない・・というのは久々でした(笑)

もちろん1円も大和屋の利益にはならないどころか、
材料費、人件費はすべて大和屋の経費からの持ち出しですから、
仕事とは言えないのかもしれませんが、
自分の作ったもので、義援金として貢献出来たのは清々しい気持ちです。

でもチャリティーでお店がつぶれては本末転倒ですから(苦笑)
正規の商品の創作に気合を入れねばっ!と決意を新たにしております☆

新作の構想も大体固まってきました♪(まだ内容は内緒です)

秋・冬に向けて頑張るぞ!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ご苦労様でした
最初に応援玉の記事読んで感心してました。
材料費だけでもバカになりませんしね。
応援玉として公募したら結構、とんぼ玉作ってる人たちから集まったりするかもしれませんよ(でも、そのとりまとめも大変かもしれませんね)

一段落出来たみたいだし、まりっぺさん自身の創作頑張ってください。
新作、楽しみにしてます

Re: タイトルなし

>けせらさん

ありがとうございます。

もともと練習や実験で作った試作玉は、販売せず、
自分で使ったり、知人にあげたりしていたものなので、
それを「応援玉」として販売しようという発想で始めたものでした。

つまりよくある「ワケ有り商品」ですよね。
だからもともと大量に出るものではないんです。
それをあえて作らなければならなくなったので、
正規に販売しているはずのものも大量に「応援玉」にするしかありませんでした。

商売としては大失敗です(笑)
でも大変だった分、色々勉強になりました。
公募するという方法もあったのかもしれませんね・・・

でも、大分落ち着きましたので、
これからやっと新作に取り組めそうです♪

気持ちの切り替え

すごいね。

直接的ではないけれど
一家でボランティアに参加したことになるね。

ぼくは震災以外の支援に力を入れることにしました。
手元に残っているデモ玉を近日中に整理します。

Re: 気持ちの切り替え

>ぼすさん

すごいのは新聞の力ですよね(^_^;)

でも、今回のことで、「何か震災に応援、支援したいけれど、
何から始めれば良いのだろうか」と考えている人々が、
全国に沢山いるということが分かりました。

北海道から沖縄まで、本当に全国各地からの何百件もの問合せ、注文、
そして「頑張って欲しい」という激励のお言葉をいただきました。

私も「もう一つの支援」の方も合わせて頑張って行かなければと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

まりっぺ

Author:まりっぺ
こんにちは。とんぼ玉作家のまりっぺと申します。
とんぼ玉に恋をしてしまってから、日々ガラスと戯れ、時には格闘しながら創作を続けています。
山形県米沢市にある「大和屋」にて創作&販売をしています。お店にも遊びに来ていただけたら嬉しいです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。